県民共済住宅 不動産売買

待望の内覧希望者

いきなり家の話題から脱線してのスタートですが、我が家にはハイエースベースのキャンピングカーがあります。

2/2〜2/5には日本最大のキャンピングカーイベントであるジャパンキャンピングカーショーが開催されました。

最近は震災対策として購入される方も多く、開催中はメディアで特集されたり、初の試みで事前登録すると通常800円かかる入場料が無料になるといったこともあり、今年は人の入りがかなり多かったです。

大抵のキャンピングカーにはエンジンを止めてもガソリンで燃焼して車内を温めるFFヒーターというものが備わっています。
雪山に行くとアイドリングしながら前泊で一夜を過ごす方もいますが、ガソリンの減りが半端ないでしょう。
FFヒーターなら一晩付けっ放しにしても、Tシャツ1枚で過ごせるくらいのポカポカでありながらガソリン消費はわずか1リットル足らずという優れものです。

そのFFヒーターが故障してしまったため、キャンピングカーショーの際にビルダー(キャンピングカーのディーラーみたいなもの)の担当営業さんに話をして、一昨日修理をしてもらいにいってきました。

こちらはその修理をしてもらっている様子。

その修理中に1本の電話が入りました。
出てみると専属専任媒介契約先からでした。
内容は、他社のお客様から翌日午前中に内覧希望とのこと。

売り出しから1ヶ月。
購入時より地価の高騰もあり比較的高めの値段設定(と言っても早めに売れて欲しいので契約先の売り出し提案金額よりも低めにしてます)ですが、問い合わせなどの反響はそれなりにありました。
ただ、急いで探していないという方ばかりでなかなか内覧に繋がらないといった状況だったので、二つ返事でOKしました♪

ということで、内覧に備えて家中片付けして、予定時間ギリギリまで掃除し続けて、お客様をお出迎えしました。

事前にお客様は30代のご夫婦と聞いていました。
旦那さんは自分と同じくらい、奥さんは、、、ギャ、ギャル!?
第一印象は冷やかしかと思うくらいの衝撃でしたが、話を伺うと新築建売をいろいろ見てきたけれど、どこも土地が狭くて設備もイマイチでダメだったとのこと。

都内の売れ筋は土地坪15〜18坪ほどの狭小3階建が多いです。
それでも5000万以上はしちゃいます。
我が家は24坪で相対的には広い方で、かつ2階建の注文住宅ということもあり、周辺の売り出し物件とは一線を画すといった感じです。
設備にもこだわって建てたので、内覧中はかなり感激してもらえました。

内覧のあった昨日夜に契約先から電話がありましたが、先方の担当者と連絡がついてないので、結果は明日になるかもしれませんということでした。

今日おそらくその結果連絡があるはずなので楽しみに待っています!
今の家が売れないと先に進めない住み替え計画。
どうなることやら^^;

良かったら、ポチっとお願いします。

-県民共済住宅 不動産売買

Copyright© 県民共済住宅で建てたスマイエのビルドアップな日々 , 2020 All Rights Reserved.